アフィリエイトは理論を書きすぎると成約しない事もある

アフィリエイトを実践して分かったことが一つあります。それはアフィリエイトを実践していく上ではあまり理論的な事は必要ない事もあるということです。

僕自身が結構理論的な人間のためか?理論を書けば書くほど良いと思っていたのですが、これはある意味間違いだった事に最近気が付きました。その理由をお話してみたいと思います。

 

 

理論を書きすぎると成約しなくなる可能性もある

そもそも、僕は結構理論的人間ですから、僕の感覚で言えば理論が伴わない買い物やサービスの利用はありえないんですよね?

だからアフィリエイトサイトを作る時も良い表現で言えば「理論的」、悪く言えば「カタい」表現になる事が多いです。

そのため、商品をアフィリエイトする時も一番オススメしたいものがあるのならば、何故オススメなのか?オススメする理由は?それらをガッツリ書くことが多かったのですが、その方法ではアクセスの割にあまり成約しなかった事が多かったのでちょっと表現を変えてみたら結構成約するようになったんですね。

 

実際に理論的な表現を取り払ってみた例

では、僕がどのように表現を変えてみたか?を解説したいと思います。

しかし、実際のサイトをお見せする事は出来ないので「チケットショップで映画の鑑賞券」をアフィリエイトする場合の例文を修正前と修正後で変えてみましたので、この文章を比較して貰えれば大体理解して頂けると思います。

 

修正前

「映画を安く見たいのであれば、普通に映画館に行ってチケットを直接買うよりチケットショップで鑑賞券を買う事がオススメです!何故ならチケットショップで鑑賞券を買うと映画が通常価格より300円安く見る事が出来るからです!!そのため映画を少しでも安く見たいのであれば事前にチケットショップに行って映画の鑑賞券を買う方がおトクです!!もし、映画の鑑賞券を買うならこのチケットショップが最もオススメです!! 理由は映画の割引券が他のチケットショップと比較して非常に安く購入出来るからです!!詳しくはこちら!」

 

修正後

「映画の鑑賞券を求めるならコチラのお店がオススメ!映画の割引券が非常に安く購入できる人気のお店です!詳しくはこちら!!」

 

こんな感じで書き換えてみたら、割とポンポン成約するようになりましたマジで・・・。

 

全てを伝える必要はない

で、この経験から分かったことなのですが、アフィリエイトをする上で全てを伝える必要はない ということです。

「修正前」の文章はオススメの理由を沢山書きましたが、「修正後」はサラッとしか書いていませんが結果は「修正後」の方が売れました。

僕みたいな人間だと「修正前」の文章の方が好きなのですが、どうもそこまで書かなくても良い場合も多いみたいです。

むしろ、文章がごちゃごちゃしすぎているなら、スッキリ読みやすいように変えてみるというのも改善の方法かもしれません。

オススメポイントが沢山あっても全部書かずに少しだけ書き、全てを書かない。こういう改善の方法もアリな選択肢だと思いました。書けば書くほど良いというものではないんですね。

ちなみに、一言お伝えしておきますが、別にこの記事に書いたことが全てというわけではありません。アフィリエイトする商品にもよりますし、理論をガッツリ書いた場合の方が良い場合もあるでしょう。

ただ、全部伝えない方が良い場合もあるし、伝えてしまった方が逆に売れないという場合もあるという事が伝われば良いなと思って書きました。

以上、丸一日かけてオススメ理由を4000文字ぐらい並べても全く成約せずに1000文字ぐらいに縮小したらメチャ売れるようになった僕のお話しでした。(涙)

矢印・アイコン 矢印・アイコン

アフィリエイト初心者の方へ

アフィリエイト教材を手にする事で稼げるようになるきっかけを掴む人は多いです。僕が初心者の方にオススメ出来る教材の情報を以下のページで掲載しております。

このページの記事と関連しています

コメントを残す

注意:当ブログは荒らし防止のためコメントは承認制にさせて頂いておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ