会社を辞める事のデメリット

会社を辞めて良かったと思える事では僕が会社を辞めて良かった事を書いてきましたが、当然の事ながら物事には良い面と悪い面がありますので、良かったことだけではなく悪かった事も沢山あります。

では、このページでは僕が会社を辞めた事で感じたデメリットを書いていきたいと思います。基本的にはお金回りの事が多いと思っています。

 

 

固定給料が無くなった

まず当たり前ですが会社を辞めてますので固定の給料が無くなったのが大きなデメリットです。

サラリーマンの頃は毎月月末になると給与明細を社長から頂いており、毎月手取りで月20万~30万円程度のお金を頂いていました。(残業代だけで10万円とか行くことも多々ありましたが・・・。)

この固定給というものは会社に勤めていてもありがたいものですが、辞めてみると更にありがたみがわかります。自分でお金を稼ぐようになって分かるのですが、会社に頼らずに20万~30万を稼ごうと思うと滅茶苦茶大変です。

この大変大きな金額を「会社に毎日通っているだけ」で貰えるのは物凄く偉大な事だと僕は思っています。

 

ボーナスが無い

当然、会社を辞めていますのでボーナス(賞与)と呼べるものもありません。

「会社に毎日通っているだけ」でも手取りで月20万~30万円のお金を貰えるだけでも超スゴイのに更にボーナスまで貰えるってどういうことだよ!?って会社を辞めてからは思いました。

 

有給休暇も無い

更に追撃になりますが、当たり前ですが有給休暇というものもありません。

「会社に毎日通っているだけ」でも手取りで月20万~30万円のお金が貰えて、更にボーナスが貰えるのに、休んでいても給料が貰えるって最強すぎですね。

本当にサラリーマン最強!!って思います。まぁ、僕の会社は思うように有給なんて取れませんでしたし、ほとんどの方は完全消化って難しいと思いますけどそれでも年に数日は取得出来る方も多いと思いますし、休むだけでお金が貰える事は素晴しいです。

僕は有給の完全消化なんて辞める前にしか出来ませんでしたが、それでも年に数日、休んでいてもお金が貰えていました。

 

休みが無い

個人事業主には休みがありません。会社を辞めて良かったと思える事では起きる時間が自由で、昼寝も出来て、気が乗らない時は仕事をしないし、休みも好きなように取れると書きました。

ですが、それとこれとは別で休みなんてものは基本的にありません。好きな時に休みはしますが、トータルの休みの日は圧倒的にサラリーマンより少ないですし、そもそも何らかの理由で休みの日したからといって何も仕事をしない日は滅多に無いです。売上も気になりますからね。

 

稼がなければならないというプレッシャーがかかる

言い方は悪いかもしれませんが、会社を辞めると単に会社に毎日通っているだけで一定のお金を貰えるサラリーマンとは変わって自分の収入は自分で稼がなければなりません。

そのため、稼がなければならない!というプレッシャーがかかります。稼げたらいいな~なんてお気楽な気持ちではダメなんです。

 

何をやるにも経費を意識しなければならなくなった

個人になるとお金を使う事にも何かと気を使うようになりますが、その一つは経費ですね。サラリーマンは給与所得控除がありますから給与から割合計算するだけで経費の算出が出来ますが個人だと自分で全部計算しなければなりません。電車に乗るにしても、本を買うにしても経費経費経費です。

何をやるにも経費を意識するようになってしまいます。

例えばサラリーマンの場合はJRで移動する場合にはICOCAやSUICAにお金をチャージしてピッって改札を抜けていきますが、個人になるとICOCAやSUICAでピッとするだけではなくて経費として処理する場合はレシートを貰ったり出金伝票に書かなくてはいけません。

でも、ICOCAやSUICAだとレシートなんて出ないし、出金伝票に書くのが面倒なので僕はチケットショップで回数券の切符を買って領収書を貰う方が楽だと思うのでICOCAやSUICAは個人用としてしか使いません。ICOCAやSUICAを使うと後で面倒になるし、気楽にICOCAやSUICAが使えるのはサラリーマンの特権ではないでしょうか?

他にも何か仕事関係の書籍を買ったら、領収書切ってくださいは基本です。しかも、後で経費として記帳し、経費を証明するために領収書は保存しなければなりません。サラリーマンの時は仕事関係の本を買ってもレシートなんてレジのレシート入れにポイするだけでしたが、今となっては非常に気楽で羨ましいと思います。

 

毎日の売上が気になって仕方がない

毎月自動的に給料が貰えないため、毎日の売上が非常に気になってしまいます。売上が上手くあがらないとストレスを抱えます。

サラリーマンの頃は主に人間関係や仕事量の多さでストレスを抱えてましたが、サラリーマンを辞めると売上が気になってストレスになります。

 

仲の良かった同僚と疎遠になる

サラリーマンの頃は嫌いな上司もう二度と顔も見たくない人も沢山いましたが、それとは別に仲の良かった同僚も居ます。

たった一人だけですが何もかも本音で話していた本当に信用出来る同僚も居ました。同僚と言うより友達のような感じでしたね。

しかし、会社を辞めてしまうとそんな同僚とも疎遠になります。そこは非常に寂しい事だと思います。

 

孤独になった

日中はほとんど人と会わない環境になりましたので、サラリーマン時代より圧倒的に孤独になりました。

サラリーマンの頃は毎日人に会ってましたが、今となっては人と会わない日の方が多くなったと思います。その内喋り方を忘れてしまいそうになります。

ただ、僕は基本的には孤独に強いタイプなのであんまり気になりません。たまに人に会うぐらいが僕はちょうど良いので、これで満足しています。

 

収入が不安定になった

サラリーマンは固定給、基本給でお金を貰えていますので毎月最低限のお金は100%確保出来ます。

しかし、個人になると固定給、基本給なんてありません。収入は明らかに不安定になりました。僕は基本的に一人身なのである程度不安定でも何とでもなりますが、家族を抱えて脱サラする事って滅茶苦茶勇気が必要な事だなって僕は思います。

 

社会的信用が無い

サラリーマンは会社に勤めているだけで、超社会的信用があります!クレジットカードも作れますし部屋も借りれます!

ですが、僕は社会的信用は全くないと言っていいでしょう。何故なら僕は一般人から見ると何やってるか分からない怪しい奴だからです。

過去に一度、外出中に暇だったので街頭アンケートに答えていたのですが、その際に街頭アンケートの人に「お仕事は何されてるんですか?」って聞かれた時に「アフィリエイトやってます」って答えたら「ア、あふぃ?え?」って返されたことがあります。(笑)

 

飲んでるサラリーマンが羨ましく見える

たまに街を闊歩する事があるのですが、平日の19時ぐらいになると酒場が非常に活気づくのですが、その喧噪を聞いていると楽しそうだな~と思う事が良くあります。サラリーマンが飲んでる喧噪を聞くとちょっと羨ましく思えるようになるんですね。

実際に飲んでる人の中には楽しく飲んでる人や嫌々参加している人も居ると思いますので全員が楽しんでいるわけではないと思いますが、それらをひっくるめて外野から見ていると楽しそうだなと思ってしまいます。

 

税金を自分で計算しなければならない

先ほど、経費の話も書きましたが税金は自分で計算しなければなりません。

サラリーマンは会社に任せて年末調整丸投げで終わりですが、サラリーマンを辞めると毎日帳簿も付けないといけないですし、税金の額も自分で計算しないといけません。

僕はサラリーマンの頃って控除の意味が分からないぐらい税金に関しては知らなかったですが、それだけサラリーマンは仕事だけに集中出来るように国のシステムが整備されてるんですよね。税金を気にしなくても良い、会社が代わりにやってくれるって良い事だと思いますよ。

 

保険、年金、住民税を自分で納めないといけない

サラリーマンは社会保険、厚生年金、住民税は給与から天引きされるため会社任せでOKですが、当たり前ですが会社を辞める事で自分で納めないといけなくなります。

まぁ、お金を持って行くだけなのであまり手間ではないのですが、これらのお金を1年分を一括で払うと目玉が飛び出る額を払う事になります。(笑)

 

普通から外れた

最後ですが、何よりもサラリーマンを辞めた事で、いわゆる「普通」と呼ばれるものから外れたのかな?と思っています。

「普通」って何?って感じもしますし、僕は「普通」の人生という表現は嫌いなのですが、それでも僕が今している事を一般の人に話すと90%の人には分かって貰えないだろうし、信用もしてもらえないと思います。何より安定もしていません。完全に多数派から少数派になった感じです。

なるべくみんなと同じが良いって思う方は脱サラなんてやらない方が良いと思います。

 

まとめ

さて、以上で会社を辞めるデメリットを列挙してみましたでしょうか?

サラリーマンなんて嫌だ!と思ってる人も多いかもしれませんが、サラリーマンにはサラリーマンの良さがあると思いますし、辞めて見て初めてありがたみが分かるものも多いと僕は思っています。

ですが、これらの会社を辞めるデメリットを考慮しても僕はサラリーマンを辞めて良かったと思っています。後悔は全くしていないし、サラリーマンを辞めてからかなり前向きに主体的に生きれるようになったのでそれなりに楽しく過ごせるようになりました。

ちなみに僕の自己紹介は以下のリンクで行っています。僕が何故?会社を辞めたのか?どうやって辞める事が出来たのか?については以下のリンクで解説していますので、また見ていない方で会社を辞めた理由など興味がありましたらチェックしてみてください。

↓ ↓

自己紹介記事はコチラ

矢印・アイコン

このページの記事と関連しています

コメントを残す

注意:当ブログは荒らし防止のためコメントは承認制にさせて頂いておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ