アフィリエイトは簡単には稼げないが取り組む価値はある

僕はこのブログでは同じ事を言っているわけですが、アフィリエイトは楽して簡単に稼げる方法ではないという事を繰り返し言っています。

では、そんな簡単に稼げないアフィリエイトは実践しない方が良いのでしょうか??取り組む価値は皆無なのでしょうか?僕の見解を示してみたいと思います。

 

 

取り組む価値は充分にある

僕はアフィリエイトは簡単には稼げないが取り組む価値は充分にあるものだと思っています。何故ならアフィリエイトの収入は会社員やアルバイトのように決まった賃金で働く事とは違い収入が継続していくからです。ここが本当に重要な所だと思っています。

例えば、もし月に1万円稼げるサイトを作ったのであれば、その月で見る限りだと月収1万円にしかならないかもしれません。しかし、その収入は不動産業のように来月以降も継続していきますので1年経過すると12万円も稼げる事になります。

しかも、その収入は汗水垂らしてサイトを作らないと得られないものではなく、非常に低い手間、もしくは全く手を加えないで得られる収入になります。もちろん、ずっと収入が継続するサイトというのは一部ですが、アフィリエイトはこのように今苦労して作ったものが翌月以降の自分を豊かにしてくれるものです。そのため、楽には稼げませんが取り組む価値はあるものだと僕は思っています。

 

アフィリエイトvsアルバイトの事例

アフィリエイトは取り組む価値がある事を示すために、アフィリエイトとアルバイトの事例を1つ比較してみたいと思います。(本当はサイトアフィリエイトの成果を例に出したかったのですが、良い例がなかったので代案にしました。)

これは、2013年12月30日の話なのですが、僕はその日のアフィリエイト収入は13000円程ありましたが、その収入の発生源は僕が昔に作ったせどりブログの記事から発生しています。

もちろん、その日は僕はこの収入を得るために何か労働をしたわけではありません。全て僕が過去に作り上げた記事が稼いでくれている訳です。ただ、新たな収入源を作るためにサイトを作っていたわけなので、全く働いていないわけではありません。

対してアルバイトになりますが、これは僕の友人がその日に時給800円のアルバイトで働いていました。内容は郵便局の年末のアルバイトで年賀ハガキを街中で売るというものでした。8時間働くと6400円貰える計算になりますね。

これを単純に比較すると僕は新たな収入源を作るために作業していたとはいえ、13000円の収入を得る事自体は全く作業をしていません。対してアルバイトはキッチリ8時間働いてやっと6400円の収入になりますので、どう考えてもアフィリエイトの方がアルバイトより勝っている事になりますね。

更に、アルバイトをしていた場合は自分の時間を切り売りするため、どうやっても働いた分しかお金を頂くことが出来ませんが、アフィリエイトは昔作った記事が稼いでくれて、空いた時間を有効活用して更に稼ぐ仕組みを構築していくことが出来るという良好なスパイラルになっていくわけです。

 

最初はどうやってもアルバイトの方が稼げる

ただ、上記のお話を聞いたからと言ってアフィリエイトって簡単に稼げるんだとは思ってほしくは無いと思っています。

何故なら、ここまで来るのに多大な時間と労力をかけているからです。1日分だけ切り出すと明らかに割が良いのは確かですが、その1日の成果を得るためにはそれなりの苦労をしてきているという事実があるからです。

よく、アフィリエイトでは1日たったの1時間で○○万円!!とか、メール一通で○○万円!!みたいな派手なキャッチがありますが、ああいった類のものも、そこまでに至るまでにその収入を得るために苦労してきているわけですから、簡単に稼げるものだと騙されてはいけないと思います。アフィリエイトへの期待が大きすぎるでも書いてますが簡単に稼げるとか思う人は失敗する傾向が強いですからね。

はっきり言って今この瞬間全くのアフィリエイト初心者の方がアフィリエイトを始めた場合の収入とアルバイトの収入を比較するのであれば、アルバイトの方が圧倒的に簡単に楽に確実に100%に稼げます。アフィリエイトってとにかく最初は儲かりませんのでそんなものなのです。

しかし、アフィリエイトを簡単に稼げるものだと思わずに真面目に実践し、継続していく事でやがてはアルバイトを覆すほどに大きな見返りを受ける事が可能です。僕はそこにアフィリエイトは取り組む価値があると思っていますが、いかがでしょうか?

矢印・アイコン 矢印・アイコン 矢印・アイコン

アフィリエイト初心者の方へ

アフィリエイト教材を手にする事で稼げるようになるきっかけを掴む人は多いです。僕が初心者の方にオススメ出来る教材の情報を以下のページで掲載しております。

このページの記事と関連しています

コメントを残す

注意:当ブログは荒らし防止のためコメントは承認制にさせて頂いておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ