アフィリエイトファクトリー実践記1_動機編

実は僕は先月(2013年12月)からアフィリエイトファクトリーというアフィリエイト教材の実践をしているので、その教材の実践記でも書いていこうと思っています。

アフィリエイトファクトリーって何?という方に説明させて頂きますと、アフィリエイトファクトリーは2008年に販売されたサイトアフィリエイト教材です。既に5年も前の教材ですが、かなり評判が良いもので有力なサイトアフィリエイターさん曰く今でも全く通用するという事らしいので、実際に行動に移してみる事にしました。

アフィリエイトファクトリーの詳細はこちらで確認する事が出来ます。

 

 

実践もしないのに買う=ダメ、絶対

では、アフィリエイトファクトリーの実践内容ではないのですが今回はアフィリエイトファクトリーの行動動機について色々書いてみようと思います。何故?アフィリエイトファクトリーを実践しようと思ったのか?と、言う所ですね。

ただその前に若干話の要点がズレるのですが、実は僕はアフィリエイトファクトリーをかなり以前(2013年の6月)に購入しているんですよね。twitterで有力な某アフィリエイターさんが、アフィリエイトファクトリーは読んでおいた方が良いと呟かれていたのを見て購入した記憶があります。

でも、この記事を書いているのは2014年の1月なのでもう購入から半年も過ぎているんですよね。でも、全く実践していなかったわけです。積みゲームならぬ積み教材ですね。

僕はこの教材はノウハウコレクションから始まってしまったわけです。有名なアフィリエイターさんがオススメって言っただけで買ってしまったわけですね。正直、今までこういう事をしてきたのって1度や2度ではないのですが、つくづく本当に思うのは・・・

実践しないのに買う=タダの無駄遣い、浪費

と、いうことですね。要するにおバカさんのやることなのです。はい、おバカさんは僕の事です。しかも何度も繰り返しているので100倍ぐらいおバカです。30倍辛口カレーも裸足で逃げ出すレベル。だって100倍ですよ?100倍!

と、冗談は置いておいて、いくら有名アフィリエイターさんがオススメとか言ってもホイホイ考え無しで購入するのは本当にダメですね。

 

アフィリエイトファクトリーを積み教材した理由

で、話を元に戻しまして何でまた半年も積み教材していたアフィリエイトファクトリーを実践しようと思ったのか?と、言うと考え方がこの半年で色々変わったわけです。

そもそも、僕がサイトアフィリエイトを始めたのが2013年4月からなわけで、アフィリエイトファクトリーを購入したのはサイトアフィリエイトを実践してから2ヶ月後の事です。

実は当時は完全にパワーサイト信者だったんですね。ページ数が多いサイトこそが正義みたいな?ペラサイト=ゴミ。そういう考え方をしていました。

だから、アフィリエイトファクトリーを読んで、こんなペラペラのサイトで稼げるわけないだろ!?って思ってそのまま放置してしまったわけです。パワーサイトとペラサイトって完全に思想が違うんですよね?だから、かつてのパワーサイト信者の僕には受け入れられませんでした。

でも、アフィリエイトをしばらく実践していてペラも案外稼いでくれるという事が分かりました。アフィリエイトファクトリーは実践していませんでしたが、ペラサイトは試験的に結構作ってましたから。

もちろん、激安!とか格安!といった安易キーワード+ペラじゃ無理なのですが、そういうペラじゃなくて、考えて作ったペラは月に数万ぐらい稼いでくれたり、アクセスがずっと継続していたりして、あれ?案外ペラってイケるんだなと考え方を改めたんですね。

じゃあ、このアフィリエイトファクトリーって結構良いのでは?と、再評価するに至ったわけで、ようやく半年もの積み教材期間を終えて本格的に初めてみようと思ったという事ですね。

では、次回から実践記を書いてみようと思います。ただ、今の段階では実践中でまだ1円も稼げていないのですが正直にありのままを書いていきたいと思います。

矢印・アイコン 矢印・アイコン

アクセス解析は面倒ですか?

アフィリエイトファクトリーを実践する際に問題になる事の一つに大量に作成したバックリンクサイトやファクトリーサイトの日々のアクセスを把握する事があります。アフィリエイトファクトリーは沢山のサイトを作成しますから非常に面倒ですよね?しかし、その大量のサイト群の面倒なアクセス解析チェックを効率化するための方法をまとめています!アクセス解析の手間が本当に省けますので気になる方はこちらへどうぞ!

このページの記事と関連しています

コメントを残す

注意:当ブログは荒らし防止のためコメントは承認制にさせて頂いておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ