アフィリエイトファクトリー実践記5_サイト展開編

前回は設計のお話をしていきましたが、今回はサイト展開のお話になります。

アフィリエイトファクトリーは「設計」→「生産」→「構築」という順にフェーズが進んでいきますが、サイト展開は「設計」と「生産」の中間部分に当たると思います。

 

 

ドメイン取得

さて、サイト展開という事でまずは設計時に作成した「設計図」を元にドメインを取得していきました。24サイトを設計しましたので24サイト分のドメインを確保ですね。

ムームードメインがドメイン半額キャンペーンをやっていましたので、ムームードメインでドメインをどんどん取っていく事にしました。

新規ドメインが11個、中古ドメインが8個、無料ホームページでFC2ホームページが2個、忍者ホームページが3個計24ドメイン分の確保を行いました。中古ドメインがなかなか発掘出来なくて苦労しましたが、新規ドメインを19個で展開するよりは中古ドメインも混ぜた方が良いので中古ドメインも頑張って取得しました。

忍者ホームページはドメインが選択式でいくつかから選べるのでドメイン分散の意味合いではかなり良いですね。

 

仕込み

続いて、取得した24個のドメインに対して仕込みを行っていきます。アフィリエイトファクトリーには仕込み用のテンプレートが付属していますのでこのテンプレートを使用します。

このテンプレートを元にどんどんサイトに仕込んでいきますが、ここで若干の記事作業が発生しますのでトータルで見ると時間がかかりました。

ちょうどこの作業をしていた時は年末時期だったため、作業以外の用事等もあったという理由もあるのですが、ドメイン取得~仕込みを併せて5はかかったと思います。

 

作るものが決まっているので作業がしやすい

しかし、アフィリエイトファクトリーを実践して思った事ですが、予め設計を行ってからサイトを作っていきますので、作るものが予め決まっていると、とても行動しやすい事が分かりました。

ゴールが決まっているので、そこに向けて突き進む感じなので迷いが生まれにくいですね。アフィリエイトファクトリーを実践する前は思いついたキーワードで思うがまま行動していた感じですが、行き当たりばったりで作る事になりますので効率があまり良くありません。

アフィリエイトファクトリーはサイトを1つ作り終えたら次は何を作ろう?とするのではなくて、最初から全部で○○サイトを作る!!内訳はこうだ!!と、終わりを決めて作っていくので、非常に効率的だなと思いました。

設計図を作って設計図の通りに行動するって感じです。

 

反面、初心者には辛いものがある

ただし、反面アフィリエイトファクトリーは本当のアフィリエイト初心者には不向きだとも思いました。

何せ、僕はアフィリエイトファクトリーの実践で、ジャンル選定リサーチサイト設計を行ってきましたし、今回の記事でも大量のドメイン取得や仕込みの話をさせて頂きましたが、この時点で既に結構な日数を消費していますし、更に、ドメイン代にもガンガンお金を突っ込んでいますし、何よりしっかり事前に計画を立てるという判断力が必要とされます。

そのため、アフィリエイトを全く実践した事無い人、アフィリエイトは稼げる!という実感が全く無い人は多くの時間をかけて計画し、判断する事自体に不安が付きまといまくりで精神的に辛いものがあると思いますし、ガンガンドメインにお金を突っ込むのにも抵抗があるのではないか?と思います。何より成果の発生が非常に遅いのでモチベーションを保つのも難しいんじゃないか?と思います。何せこの時点では100%の確率で1円も稼げませんからね。

それだったらLUREAのような初心者向け教材の方が初心者に優しくてオススメじゃないかな?と思います。LUREAは無料ブログから実践していけますし、成果も早く得られる事が出来ます。アフィリエイトファクトリーはアフィリエイトで月千円~数万円ぐらい稼げるようになって、ある程度慣れてから実践した方が良い教材だと思いました。

矢印・アイコン 矢印・アイコン 矢印・アイコン

アクセス解析は面倒ですか?

アフィリエイトファクトリーを実践する際に問題になる事の一つに大量に作成したバックリンクサイトやファクトリーサイトの日々のアクセスを把握する事があります。アフィリエイトファクトリーは沢山のサイトを作成しますから非常に面倒ですよね?しかし、その大量のサイト群の面倒なアクセス解析チェックを効率化するための方法をまとめています!アクセス解析の手間が本当に省けますので気になる方はこちらへどうぞ!

このページの記事と関連しています

コメントを残す

注意:当ブログは荒らし防止のためコメントは承認制にさせて頂いておりますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ